会社情報
イメージ:日本編物工業株式会社

誠

お得意様をはじめ関係各位におかれましては、常日頃より多大なご愛顧、ご厚誼を賜り厚く御礼申し上げます。

おかげさまをもちまして創業から80年を創立から半世紀以上を迎え、順調に発展を遂げてまいりました。

変化厳しい経済環境の中、竹製毛糸あみ針・バイアステープ・その他竹製品の分野でお客様のニーズに即応できますよう社員一丸となってより深く研究し、創造的思考とたゆまぬ努力をもって、新たな飛躍に向かって日々、誠心誠意努力しております。

宜しくお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 高木武子

■概要
商 号

日本編物工業株式会社

設 立 昭和26年3月
資 本 金 1,200万円
決 算 期 2月末
正 社 員 7名(平成20年1月現在)
所 在 地 本社・工場 奈良県生駒市高山町4154
TEL:0743-78-0003
E-mail:info@amibari-pure.jp
事業内容 毛糸編針
編物用具製造販売
各種竹製品製造販売
バイアステープ製造販売
所属団体 奈良県編針工業協同組合
生駒商工会議所
奈良県経営者協会 等
■アクセスマップ


大きな地図で見る
■沿革
昭和 4年 個人商店 高木ブラシ として主に歯ブラシの製造販売を初代社長高木奈良蔵氏が創業。
昭和18年 旧日本軍指定軍事工場の指定を受け、主力製品を工業用ブラシに転換。組織を個人商店から高木刷子工業株式会社に改組。
昭和21年 竹製毛糸あみ針の製造販売を開始。
昭和23年 社名を日本編物教材株式会社に変更。各学校向けあみ針直販開始。
昭和26年 日本編物工業株式会社に社名変更。
各学校への直販より撤退。製造卸業に転換。
昭和28年 竹製芝生止め(目串)を考案、製造販売開始。
昭和35年 バイアステープの製造を開始。
昭和43年 第2社屋改築。
昭和46年 第3社屋改築。
昭和52年 物流倉庫新築。
昭和53年 創業業種のブラシの製造販売を中止。
ブラシ業界から撤退。
昭和57年 初代社長高木奈良蔵氏死去に伴い2代社長高木五一氏就任。
昭和58年 爆発的な手芸ブーム到来。プラスチックあみ針の取り扱いを開始。同時にあみもの用具一式の取り扱い開始。
世界最大の針メーカーMILWARD社(イギリス)へ竹あみ針の輸出業務開始。
竹製芝生止め(目串)の製造販売より撤退。
昭和61年 受発注業務簡素化のためコンピュータ導入。
昭和62年 社員寮新築。
平成 5年 本社第1社屋増築。
社長高木五一氏生駒商工会議所会頭就任。
平成 7年 第2工場新築。肩パットの製造開始。
竹炭など竹に関する新利用分野へ進出。
平成12年 2代社長死去に伴い3代社長高木武子氏就任。
平成13年 業務改革実施。肩パット部門を分社化移転。
バイアス部門を縮小。
平成14年 竹のリサイクル利用の研究開発開始。
平成18年 代社長高木祥介氏就任。
竹粉を利用した内装壁仕上げ材の開発に成功。販売開始。
平成22年 4代社長死亡に伴い、高木武子就任。
↑このページの先頭へ